不動産登記

不動産の名義を変更するときは
司法書士が委任を受けて登記所に申請することが多いのです。

例えば売買


不動産を買ったときには必ず名義を変更します。
不動産会社が仲介している場合は、不動産会社が懇意にしている
司法書士を紹介されることが多いかもしれません。

例えば贈与


不動産をタダで渡す、こんなことあるのかと思いますが結構あるんです。
税制改革の流れからも今後増える登記手続だと思われます。
贈与税を支払っても親が特定の子供に名義変更する
というケースが増えるのではないかと思っています。

例えば抵当権設定


マイホーム購入時には、銀行からお金を借りて住宅を購入する場合が多いと思います。
その際には銀行が抵当権を設定するのですが、司法書士が登記申請をします。

例えば抵当権抹消


長い期間住宅ローンを払い続け、ようやく完済となり、住宅ローン会社から
抵当権抹消の資料が送られてきた。そんな時はぜひご連絡ください。

例えば財産分与


離婚が成立し、話し合いによって、夫名義の現在居住している不動産名義を
妻名義に変更するというケースも結構あります。

例えば現物出資


会社設立する際に、自分の所有している不動産を出資したら、不動産の名義は
会社名義にすることになります。



まだまだ色々な理由で不動産の名義を変更することはあります。
不動産の名義を変更するときは、司法書士に相談しようと思っていただければ
嬉しいですね(笑)


→お問い合わせはこちら